美容歯科と矯正歯科の違い

矯正歯科も美容歯科も同じ「歯科」がついていますがその治療内容は大きく違いがあります。
それはどんな違いでしょうか。

矯正歯科とは本人の歯自体を動かします。
歯の周囲の細胞に働きかける事によって歯を動かし、噛合わせや歯並びを良くします。
まだ発育途中の子供の治療のような場合は、上下の顎が正常な噛合わせになるように成長を促したり、また反対に抑制したりして調整します。
本来あるべきでない位置にある歯や正常な噛合わせを妨げる顎の骨を調整する事で、歯並びを整えるのと同時に食べ物を咀嚼する機能も増します。
それによって結果的に矯正歯科での治療は体全体の健康にも良い影響を与えるのです。

一方審美歯科では歯並びをよく見せる為に歯を動かす事はせず、表面的な治療をします。
削ったり神経を抜いたりした歯に被せ物をしたり差し歯を入れる事で人工的に美しい歯並びを作ります。
根本的なところから治療を行う矯正歯科と比べると治療期間は短くて済みます。
以前と比べれば治療に使われる材料や技術も進歩してはいますが、天然の歯に近い状態にどこまで近づけるかというのはまだまだ課題が残っています。
治療後の綺麗な状態を保つ為には定期的に健診を受けた方がよいでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50081900

この記事へのトラックバック

童貞卒業!
Excerpt: 正確にはセ◎レなんだけど。。(笑) いきなりかよ(笑)
Weblog: ついに彼女できた(泣)
Tracked: 2007-08-06 11:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。